tel
お問い合わせ

製品:SIP-PBX「DISCOVERY neo」

環境に優しいシステム

設置スペース・消費電力を大幅に削減。メンテナンス性も向上しました。

電話機や回線ユニットの収容効率が飛躍的に向上しました。

省スペース・省エネ設計

「DISCOVERY neo」では、内線電話機の収容効率を高めるとともに、回線ユニットの収容数を拡張しました。これらにより、設置スペース・消費電力ともに従来機種(※1) に比べて最大50%削減(※2) 。内線・外線を最大数収容してもキャビネット7架に収まります。

※1 当社製IP-PBX「DISCOVERYシリーズ」を指します。

※2 IP多機能電話機2000台で試算したものです。システム構成により削減効果は異なります。

定期的なメンテナンスに要する手間やコストを大幅に削減できます。

SSD・長寿命バッテリーを採用

SSD(※1) の採用により、駆動部分の劣化にともなう定期交換が不要になりました。また、停電時でもPBXサービスを提供(※2) するためのバッテリーには、標準タイプ(交換目安は最長5年)に加え、入力電源にAC100Vを利用するタイプではPBXの法定耐用年数を超える長寿命タイプ(交換目安は最長9年)もご利用いただけるようになり、バッテリー交換の手間やコストを大幅に削減できます。

※1 Solid State Drive。フラッシュメモリを用いたドライブ装置です。

※2 バッテリーによるPBXサービスの提供時間は、標準タイプは3時間(キャビネット内蔵)、長寿命タイプは2時間(キャビネット内蔵)もしくは3時間(キャビネット外付)です。

※3 当社製IP-PBX「DISCOVERYシリーズ」を指します。

長年培ってきた従来機能と高い信頼性を継承

従来型PBXの豊富な機能と、冗長構成などによる高い運用性を引き継ぎました。

リプレース時の導入コストを大幅に削減できます。

従来機種の豊富なPBX機能と回線パッケージ・電話機を継承

従来機種(※1) で長年培ってきた約700種の豊富なPBX機能をすべて継承しながら、IPテレフォニーサーバー「SS9100」が得意とするユニファイドコミュニケーションやSIP関連の機能も継承することで、オフィスで求められるさまざまなコミュニケーション形態に柔軟に対応できます。
また、従来機種の約80種におよぶ回線パッケージをはじめ、各種電話機を「DISCOVERY neo」でも継続してご利用(※2) いただけますので、従来機種からリプレースするときの導入コストを大幅に削減できます。

※1 当社製IP-PBX「DISCOVERYシリーズ」を指します。

※2 ご利用いただける回線パッケージや電話機は、担当営業にお問い合わせください。

安心してご利用いただける、信頼性の高いシステムです。

冗長構成、サバイバル対応

SSDの採用に加え、制御部や回線ユニットの各種パッケージ(※1) の冗長構成により、システムの信頼性が向上しました。また、支社・支店に「サバイバルBOX」を設置することで、ネットワーク上の機器が故障した場合でも、支社・支店内ではサービスを継続してご利用いただけます。国土交通省の耐震基準(水平加速度7.84m/s2、0.8G)(※2) に準拠しています。

※1 冗長構成が可能なパッケージは、担当営業にお問い合わせください。

※2 国土交通省「電気通信設備工事共通仕様書」(平成25年版)における「耐震据付設計基準(1階及び地階/重要機器B)」の値に準拠しています。標準工法(床固定のみ)での数値です。追加措置を施した場合は、14.1m/s2、1.5Gに向上します。

すべてのオフィスワーカーをつなげるコミュニケーションの実現

サテライトオフィスを含むすべての拠点をIPでシームレスに接続。
スマートフォンも活用でき、利便性の高いビジネス環境をご提供します。

本社・支社・支店の電話設備の一括管理で、
運用・管理コストを削減できます。

サテライトオフィス収容

本社に「DISCOVERY neo」を設置し、支社・支店など他の拠点(サテライトオフィス)にIP遠隔ユニットやIP多機能電話機などを設置することで、IPネットワークを介したセンター集中管理の運用形態を構築できます。企業内のすべての電話設備を一括管理することで、運用・管理コストの大幅な削減とともに、省スペース・省エネにも貢献します。

SIP連携でシームレスな内線ネットワークを実現します。

SS9100、CrosCore2とのSIP連携

IPテレフォニーサーバー「SS9100」やビジネスホン「CrosCore2シリーズ」を、「DISCOVERY neo」とSIPで接続することで内線ネットワークを構築し、通信コストを削減できます。拠点間でのTV会議やプレゼンス確認、アプリケーション共有も利用でき、シームレスで利便性の高いコミュニケーション環境をご提供します。IP-PBX「IPstageシリーズ」とのSIP連携も可能です。

スマートフォンによる内線通話で、モバイルワーカーを強力に支援します。

Com@WILLソフトフォンスマート

スマートフォン(※1) にアプリケーション「Com@WILLソフトフォンスマート」をインストールすることにより、社内の無線LANまたは社外の携帯網(データ通信)(※2) を介して内線通話ができます。OKI独自のIP電話技術「eおと」を採用することで、高品位な通話を実現しました。
クラウドサービス「EXaaS Mobile Desk」(※3) との連携により、社内のドキュメントやメール、業務システムをスマートフォンに情報を残すことなく安全に利用できます。

※1 ご利用いただけるスマートフォンは、担当営業にお問い合わせください。

※2 携帯網との接続状態によっては、ご利用いただけない場合があります。

※3 「EXaaS Mobile Desk」をご利用になるには、別途、VPN装置が必要です。

ソフトフォンならではの多彩な機能が、業務効率を高めます。

Com@WILLソフトフォンスマート

高度なIPテレフォニー機能を簡単に利用できる高機能なソフトフォンです。プレゼンス表示() 、TV会議、録音などの多彩なコラボレーション機能を装備し、ビジネスの流れがよりスムーズになるようサポートします。

プレゼンス表示機能をご利用になるには、アプリケーションサーバー「AS8700」が必要です。

本格的なビデオ会議に、ソフトフォンやスマートフォンから参加できます。

ビデオ会議システム「Visual Nexus」

「DISCOVERY neo」の内線端末としてご利用いただけるソフトフォンやスマートフォンを使って、OKIの「Visual Nexus」が提供する本格的なビデオ会議に参加できます。
拠点間の会議はもちろん、出張先や自宅からも会議に参加でき、情報共有と意思決定プロセスのスピード向上とともに、移動コストの削減にも貢献します。BCP(事業継続計画)におけるコミュニケーション手段としても効力を発揮します。

企業全体での迅速なお客様対応で、CS向上に貢献します。

コンタクトセンターシステム「CTstage 6Mi」(国内シェアNo.1() )

コンタクトセンターとオフィスをつなぐことで、コンタクトセンターへの問い合わせをオフィスの関連部門に転送するなど、企業全体での柔軟で迅速なお客様対応が可能になり、CS(顧客満足度)の向上に貢献します。拠点ごとに対応している電話受付を、コンタクトセンターの受付窓口に一本化することで、運用・管理コストを削減できます。

出典:IDC Japan(2016年6月) 国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション市場シェア、2015年:クラウドプロバイダーへの市場シフト(JPJ40608016)

あらゆるビジネスシーンに即した適切なコミュニケーション

さまざまな業種・業務形態にマッチする多彩なサービスをご用意。
迅速な顧客対応が可能になり、コスト削減にも貢献します。

モバイル端末と固定電話の融合で、業務効率化と通信コスト削減を図れます。

FMCサービス対応

携帯キャリア各社のネットワーク(携帯網)と専用回線で接続することで、オフィスの電話機と外出先のモバイル端末() の間で内線番号を使った発信/着信/転送が可能になります。定額プラン(FMC利用料)により全国どこにいても、いつでも通話料は無料です。

▶︎ ご利用いただけるFMCサービス

KDDI「 KDDI ビジネスコールダイレクト 」、NTTドコモ「 オフィスリンク 」、SoftBank「 ホワイトオフィス 」、ワイモバイル「 W-VPN 」

法人契約の「FMCサービス」に対応した携帯電話/PHSを指します。

全国一律・割安の通話料で通信コストを削減します。

IP電話サービス対応

マルチキャリア(※1)のIP電話サービスを利用できます。通話料は全国一律で、従来の加入電話に比べ割安(※2) のため、通信コストの削減が可能です。キャリアネットワークが提供する高音質で信頼性の高い音声サービスを利用でき、長距離通話や拠点間通話の多いお客様ほど通信コストを削減できます。

▶︎ 「ひかり電話オフィスA(エース)」の通話料(税抜)

加入電話、INSネット、ひかり電話への通話:全国一律 8円/3分
同一契約者グループ: 無料 (※3)
NTTドコモの携帯への通話: 16円/1分

※1 NTT東日本およびNTT西日本の「ひかり電話オフィスA(エース)」「ひかり電話オフィスタイプ」、NTTコミュニケーションズの「.Phone IP Centrex」、KDDIの「KDDI 光ダイレクト」に対応しています。

※2 提供サービス・料金の詳細は、担当営業または各キャリアにお問い合わせください。

※3 グループ通話定額料金として月400円/チャネル(税抜)が必要です。

※4 アナログ回線100チャネルと、「ひかり電話オフィスA(エース)」100チャネルの1ヵ月の通信費を比較したものです。

業界最長クラスの長時間通話で、いつでも、どこにでも手軽に持ち運べます。

デジタルコードレス電話機「UM7700」

小型で軽量、シンプルな外観に、オフィスでの内線通話に求められるベーシックな機能を搭載。業界最長クラスの長時間通話(連続通話7時間、連続待受700時間)に加え、高速ハンドオーバーで途切れの少ない通話を提供します。
他の拠点に「DISCOVERY neo」または「SS9100」が設置されている場合は、その拠点に移動しても内線番号はそのままで利用できます(ローミング対応)。

ホテルコンピューターとの連携で、
お客様に質の高いサービスを提供できます。

ホテル向けソリューション

モーニングコールやメッセージランプをはじめ、ホテルコンピューターとの連携によるチェックイン/チェックアウト時の通話料金の精算など、お客様に質の高いサービスを提供できます。ホテルスタッフがFMC対応の携帯電話やスマートフォンを持つことで、館内を移動しているときでも、お客様からの問い合わせに迅速に対応できます。

ナースコールシステムとの連携で、
患者さんからの呼出にもすぐに対応できます。

病院向けソリューション

ナースコールシステムとの連携により、患者さんからのナースコールでハンディナース子機(デジタルコードレス電話機/スマートフォン)を呼び出し、子機のディスプレイに呼び出し元の情報や緊急度を表示することで迅速な対応が可能です。
また、ナースコールシステムからハンディナース子機を呼び出すこともでき、看護士間の連絡もスムーズに行うことができます。

実績のある付加価値の高いAPI公開で、業務アプリ開発が容易になりました。

Com@WILLアプリケーションパートナープログラム

オープンで開発しやすい「Com@WILL」のAPI() を公開することで、お客様のニーズにきめ細かく対応する業務アプリケーションを容易に開発できます。CRMパッケージと連携して質の高いお客様対応を実現したり、在席管理システムと内線電話の連携でプレゼンス確認やワンクリック発信が可能になります。
 
また、通話録音装置との連携により、長時間の録音に加え、きめ細かな検索が可能になり、通話履歴をCS(顧客満足度)向上や事業リスクへの備えなどに活用できます。通話履歴検索サーバーとの連携も可能です。
 

API:Application Programming Interface

最大録音時間は、ご提供する通話録音装置の構成や録音形式により異なります。

このページに記載されている会社名、商品名は各社の登録商標または商標です。